馬好きの独り言
単穴馬券研究家wの自己満足競馬ブログ♪。競馬伝説では阪神鯖で活動中♪

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京3回3・4日 中京2回3日・4日馬場検証

?東京?

芝1400m(由比ヶ浜特別/古馬1000万下)

1.21.7(35.6?34.3)


芝1600m(牡丹賞/3歳500万下)

1.34.0(35.6?34.8)


芝1800m(むらさき賞/古馬1600万下)

1.46.5(35.5?34.4)


芝2400m(東京優駿/3歳G1)

2.24.5(35.8?34.4)



全然タイムが落ちませんw
由比ヶ浜特別は1000万古馬にしてはタイムが遅いですがスローペースの影響
勝ち馬が33.6秒であがってますし、ほとんどが34秒前半の上がり
牡丹賞はクイーンCより0.5秒早いタイム
むらさき賞はタイムも上がりもかなり高速決着
東京優駿もウォッカが33.0で上がるわ・・・(馬が違うともいうw)
さらに日曜日は内を通った逃げ馬が2勝、2着1回で全て人気薄
土曜日の芝は引き続き内枠を通る馬に注意が必要そうです





?中京?


芝1200m(1000万下/古馬1000万下)

1.08.1(33.2?34.9)


芝1200m(未勝利/3歳未勝利)

1.08.7(33.9?34.8)


芝1800m(有松特別/古馬1000万下)

1.46.6(35.1?36.4)


芝2000m(金鯱賞/古馬G2)

1.57.2(33.9?36.0)



未勝利の芝で1分8秒台、古馬1000万下で1.08.1
金鯱賞はタップダンスシチーがレコードで逃げ切った2004年より0.3秒早いタイム
ローカルの中京でも馬場が悪化しませんね
この状態でコースがBコースに変わりますので内枠有利の高速決着が増えそうです
今開催の芝1200mは決して内枠有利とはなってませんでしたのでこのコース替りで内枠有利になればいいんですが・・・


スポンサーサイト
  1. 2007/05/29(火) 21:42:02|
  2. 競馬/馬場診断
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:0

重賞回顧 ?日本ダービー、目黒記念、金鯱賞?

?東京優駿 G1?

1着:ウォッカ(9?11?11?8)
2着:アサクサキングス(1?1?1?1)
3着:アドマイヤオーラ(5?6?7?9)


2007年:35.8-36.8-37.5-34.4=2.24.5

12.6-10.9-12.3-12.6-12.1-12.1-12.7-12.6-12.2-11.4-11.4-11.6

2006年:37.4-37.8-37.4-35.3=2.27.9(メイショウサムソン)

12.6-11.8-13.0-12.8-12.3-12.7-12.9-12.5-12.0-11.5-11.8-12.0

2005年:35.5-36.5-36.6-34.5=2.23.3(ディープインパクト)

12.5-10.9-12.1-12.1-12.3-12.3-12.3-12.1-12.2-11.9-11.0-11.6

2004年:34.4-35.0-38.0-35.9=2.23.3(キングカメハメハ)

12.5-10.6-11.3-11.5-11.7-11.8-12.5-13.0-12.5-11.5-11.7-12.7

2003年:36.4-37.3-38.5-36.3=2.28.5(ネオユニヴァース)

12.4-11.1-12.9-12.6-12.1-12.6-13.6-12.8-12.1-12.1-11.5-12.7


今回の日本ダービーの日は内枠を通った逃げ馬が6R、8Rで逃げ切って穴を空けてました
日本ダービーでもアサクサキングスがハナを切ってそのまま2着(福永騎手は6Rで逃げ切ってましたのでこのコースを狙ったんでしょうw)
さらに中番が36秒後半から37.5までタイムが落ちている所を見ると逃げ馬は一息入れることができたと思われます
アサクサキングスは展開・コースを味方につけた完璧なレースでした
この展開だと中段にいた馬が一番展開で恵まれていないことになりますが・・・その位置にいたのがウォッカ・・・
そこから33.0秒の脚を使って抜けるんですから・・・どんな馬ですかwwww
断トツ一番人気のフサイチホウオーがほぼ同じ位置から伸びてこれなかったことを考えてもかなり力が抜けていることになります
ウォッカーの強さとアサクサキングスの完璧な逃げが目立つ日本ダービーでしたね

中段から33.7秒の脚を使って3着まで来たアドマイヤオーラ
最後はよれてましたがこの距離で33秒台の脚を使うのですからマイルならかなりの能力を発揮できそうです
ここは放牧に出してマイル路線を歩んでほしいですね


?次走注目馬?

ウォッカ、アドマイヤオーラ、フサイチホウオー、タスカータソルテ(中段にいた馬達)
ゴールデンダリア、ヴィクトリー(今回出遅れにより競馬ができていない)


?次走危険馬?

アサクサキングス(東京コース以外だと今回のような完璧なレースができるか疑問)


?目黒記念 G2?

1着:ポップロック(5?6?11?8)
2着:ココナッツパンチ(7?8?13?12)
3着:アドマイヤフジ(2?2?4?3)


2007年:30.1-38.7-47.2-35.4=2.31.4

6.9-11.4-11.8-13.0-13.1-12.6-11.6-12.3-11.6-11.7-11.4-11.8-12.2

2006年:29.7-37.1-49.8-36.5=2.33.1(ポップロック)

6.9-11.3-11.5-12.4-12.6-12.1-12.7-12.5-12.4-12.2-11.8-12.0-12.7

2005年:29.6-37.0-47.7-35.5=2.29.8(オペラシチー)

7.1-11.3-11.2-12.3-12.6-12.1-12.4-12.3-11.6-11.4-11.4-11.6-12.5

2004年:29.6-34.4-50.1-36.4=2.30.5(チャクラ)

7.1-11.2-11.3-11.4-11.5-11.5-12.2-12.4-12.6-12.9-11.8-12.2-12.4

2003年:29.5-37.4-49.8-34.5=2.31.2(トシザブイ)

7.2-10.7-11.6-12.4-12.5-12.5-12.6-13.0-12.3-11.9-11.2-11.0-12.3

前半500mで30秒台が出て次の3Fが過去4年で見ても断トツに遅い38.7
これだけ遅いとメイショウオウテがかかったのも納得できます
ラップを見るかぎりはかなりの前有利な展開
その展開を一度は11番手まで下がって差しきったポップロックと12番手から差し2着のココナッツパンチは強い競馬だったと思われます
3着のアドマイヤフジ、5着のゴーウィズウインドは展開の利がかなりあり次走狙うのは危険そうです
注目するなら12番手から4着まで追い込んできたアドマイヤモナークの方かと♪


?次走注目馬?

ポップロック、ココナッツパンチ、アドマイヤモナーク

?次走危険馬?

アドマイヤフジ、ゴーウィズウインド、アドバンテージ





?金鯱賞 G2?


1着:ローゼンクロイツ(6?6?5?2)
2着:スウィフトカレント(9?9?10?9)
3着:インティライミ(5?5?5?7)


2007年:33.9-47.3-36.0=1.57.2

12.3-10.6-11.0-12.0-11.7-11.6-12.0-12.1-11.8-12.1


2006年:35.5-48.0-35.3=1.58.8(コンゴウリキシオー)

12.3-11.4-11.8-12.3-12.0-11.7-12.0-11.9-11.5-11.9


2005年:35.9-49.2-33.8=1.58.9(タップダンスシチー)

12.5-11.4-12.0-13.1-12.5-12.0-11.6-11.4-11.1-11.3


2004年:33.5-48.5-35.5=1.57.5(タップダンスシチー)

12.3-10.6-10.6-12.5-12.2-11.9-11.9-11.8-11.6-12.1


2003年:34.7-48.4-35.8=1.58.9(タップダンスシチー)

12.5-11.0-11.2-12.4-12.3-12.0-11.7-11.6-12.0-12.2


アドマイヤメイン、ストーミーカフェが参戦しペースが速くなることは予想できましたが逃げたのがまさかのニホンピロキースw
途中からアドマイヤメイン、ストーミーカフェが並びかけこれによりハイペースを誘発
中盤が過去4年でもっとも早い47.3と逃げ・先行馬にはつらい展開でした
この展開を中段から2番手まで上がって勝ちきったローゼンクロイツと早い目に2番手に上がっていって6着のシルクネクサス、逃げて5着のニホンピロキースは強いレースをしたと思います
逆に9番手から追い込んできたスウィフトカレント7番手から差し込んで4着のインティライミは展開を利しての好走
次走は危険と思われます
後アサカディフィートには展開が完全に向いたのに追い込んで切れなかったのは中京が向いていないからでしょう
そういえばこの馬、中京で好走していたときは逃げ馬でしたっけ・・・


?次走注目馬?

ローゼンクロイツ、シルクネクサス、アドマイヤメイン、ニホンピロキース



?次走危険馬?


スウィフトカレント、インティライミ


  1. 2007/05/28(月) 21:42:40|
  2. 競馬/レース回顧

東京3回1・2日 中京2回1日・2日馬場検証

?東京?

芝1400m(フリーウェイS/古馬1600万下)

1.21.0(34.9?34.3)

芝1400m(ガーベラ賞/3歳500万下)

1.21.6(34.9?34.7)


芝1800m(カーネーションカップ/3歳500万下)

1.47.5(34.7?36.3)


芝2000m(秩父特別/古馬1000万下)

1.59.6(35.1?36.4)


芝2400m(優駿牝馬/3歳G1)

2.25.3(35.2?35.8)



フリーウェイSのタイム1.21.0は昨年のタイムの中でも2位に入るほどの高速タイム
優駿牝馬もハイペースの影響もありますが過去5年で最高タイムとなりました
今年の春東京開催は馬場の悪化はまったく感じられませんねw
Cコースに変わったので内の荒れ馬場もなくなってますし再び高速タイム、高速上がり向きの馬が好走しそうです



東京は苦手だw





?中京?


芝1200m(テレビ愛知オープン/古馬オープン)

1.07.3(32.4?34.9)


芝1200m(賢島特別/古馬1000万下)

1.08.3(32.8?35.5)



芝1800m(エメラルドS/古馬1600万下)

1.46.2(35.6?34.7)


芝2000m(小牧特別/古馬1000万下)

1.59.3(34.5?34.5)



昨年は雨の影響が残り時計がかかった開幕週だったので参考にしづらいのですが一昨年のテレビ愛知OPで1.06秒台が出るという超高速馬場
勝ったシーイズトウショウは能力がG1クラスですので馬の能力もあったのでしょうがかなり早いタイムでした
今年は1.07.3と一昨年より遅いですがテン3Fが32.4と超ハイペースが普通にでてます
500万でも32.8が出るぐらいですから開幕週らしい馬場なんでしょうね
てか・・・騎手が馬場を意識しすぎて芝1200mでは前崩れ続出で・・・
中距離では33秒台は出ませんが34秒後半の脚は必要とされる馬場
極端な重いコース巧者以外はチャンスがありそうですね

今開催は5日目からBコースに変わるので雨が降らない限りは馬場の悪化は期待しないほうが良いかもしれませんw




※新潟は開催終了の為に省略します



  1. 2007/05/23(水) 21:43:03|
  2. 競馬/馬場診断
  3.  | コメント:0

重賞回顧 ?オークス、東海S?

?オークス G1?


1着:ローブデコルテ
2着:ベッラレイア
3着:ラブカーナ



2007年:35.2-36.7-37.6-35.8=2.25.3

12.6-11.0-11.6-11.8-12.1-12.8-12.7-12.5-12.4-11.8-11.4-12.6


2006年:34.7-35.8-39.5-36.2=2.26.2(カワカミプリンセス)

12.5-10.9-11.3-11.6-11.8-12.4-12.8-13.5-13.2-11.6-12.2-12.4


2005年:37.1-39.4-37.9-34.4=2.28.8(シーザリオ)

12.6-11.3-13.2-13.1-12.9-13.4-13.1-12.6-12.2-11.5-10.9-12.0


2004年:36.6-38.1-37.5-35.0=2.27.2(ダイワエルシエーロ)

12.6-11.4-12.6-13.1-12.3-12.7-12.9-12.5-12.1-11.2-11.4-12.4


2003年:36.0-37.9-39.2-34.4=2.27.5(スティルインラブ)

12.6-11.1-12.3-12.6-12.6-12.7-13.1-13.4-12.7-11.5-11.1-11.8



昨年の前半34.7はヤマニンファビュルの暴走が原因ですのでそれを除くと過去5年で前3Fが一番早いことになります
さらに例年なら37秒後半になる600?1200mでも36.7と早いタイム、1200m?1800mも37.6と緩みながらも早いペースが継続されてます
さすがに後3Fはかかりました。
スローペースが予想されていたオークスですが見事にハイペースになったようですw
勝ったローブデコルテ、3着のラブカーナは9番手、12番手からの追込
ハナ差2着のベッラレイアは5番手からの差し
展開面を考えると強い競馬をしたのはベッラレイアと思われます
追込み一辺倒でない所を見れたのは収穫でした♪
後、10番手から4角では5番手まで位置取りを上げてそのまま5着に粘ったピンクカメオ
4番手より競馬を進めて0.6秒差の6着に粘ったマイネルーチェが次走での注目と思われます♪
ピンクカメオはちょっと負けたらまた人気落ちそうでw


ザリーンは狙いすぎだったかwwww
でも重馬場適正は相当あると思われますのでそういう舞台で狙うとしましょうw



次走注目馬:ベッラレイア、ピンクカメオ、マイネルーチェ
次走危険馬:ラブカーナ(血統的に常に人気しないと思いますが過剰に人気するようだと危険です。人気薄で買いの馬でしょうw)




?東海S G2?


1着:メイショウトウコン
2着:ワンダースピード
3着:シャーベットトーン


2007年:31.0-39.7-38.6-37.5=2.26.8

7.3-11.2-12.5-13.6-12.8-13.3-13.8-12.6-12.2-12.5-12.6-12.4


2006年:30.4-37.0-38.8-37.4=2.23.6(ハードクリスタル)

7.1-11.2-12.1-12.8-12.0-12.2-13.8-12.7-12.3-12.3-12.1-13.0


2005年:29.3-37.2-39.3-36.8=2.22.6(サカラート)

7.1-10.8-11.4-12.5-12.1-12.6-13.6-13.0-12.7-12.4-12.2-12.2


2004年:29.1-36.9-40.0-37.7=2.23.7(アンドゥウォール)

7.1-11.0-11.0-11.7-12.3-12.9-13.9-13.8-12.3-12.5-12.9-12.3


2003年:32.1-38.6-38.8-37.0=2.26.5(ゴールドプルーフ)

7.4-11.9-12.8-13.3-12.9-12.4-13.7-12.8-12.3-12.2-12.3-12.5



メンバーを見たときはエイシンラージヒル、シャーベットトーンのどちらかがハナを主張するかと思いましたが逃げたのがクーリンガー
結果、見事なスローペースになりましたw
2?5着の馬は先行した馬(サカラートは若干着順を途中で上げてますが)ばかりのかなりの前有利の展開でした。
で・・・その展開を9番手から36.5秒の脚で差しきったメイショウトウコンはかなり強い勝ち方
脚部不安が言われてましたがまったく関係なさそうでwww
長距離でもこれだけの脚が使えるとは予想外でした
死角は重いダートがどうかだけになりましたね・・・・



次走注目馬:メイショウトウコン
次走危険馬:ワンダースピード、シャーベットトーン、マイネルボウノット(今回先行好走馬。同型多い場合過信禁物)


  1. 2007/05/20(日) 21:43:44|
  2. 競馬/レース回顧
  3.  | コメント:0

東京2回7・8日 新潟1回5日・6日馬場検証

?東京?


芝1400m(秋川特別/古馬1000万下)

1.21.2(34.8?34.6)


芝1600m(ヴィクトリアマイル/古馬牝馬G1)

1.32.5(34.8?34.3)



芝2000m(夏木立賞/3歳500万下)

1.59.4(35.4?35.3)



内は明らかに荒れている状態ですが逃げ・先行馬も荒れた箇所を避けて通る為にタイムは早いままのようで・・・
ヴィクトリアマイルではスローの影響もありましたが2番手にいたキストゥヘヴンが34.1秒で上がるほどの高速上がり馬場
3歳500万下の夏木立賞では2分を切る1.59.4の好タイム
好走血統を見ても父か母父がヘイロー系の馬がほとんど
う?むw開催が続いてもタイムが落ちない東京の馬場はいまいちわかりにくいw
もっと勉強が必要ですねww




?新潟?


芝直1000m(駿風S/古馬1600万下)

0.57.0(33.2?34.6)


芝2000m(赤倉特別/古馬1000万下)

1.58.5(34.9?35.0)


芝2000m(春日山特別/500万下)

2.00.3(35.4?36.8)



土曜日のレースを見る限り外伸びになっているがタイム・上がりとも早いのを確認して日曜日に勝負したらえらい目にあいましたw
日曜日に一気にタイム・上がりがかかるようになり芝直1000mのレースでは土曜日の未勝利の方がタイムが早くなる結果に・・・
改めて見直してみるとこの開催の新潟は土曜日にタイムが早く日曜日に一気に落ちてますね・・・
今後の参考にしますw



?京都は開催終了のために省きます?


  1. 2007/05/15(火) 21:44:33|
  2. 競馬/馬場診断
  3.  | コメント:0

重賞回顧 ?ヴィクトリアマイル、京王杯SC?

?ヴィクトリアマイル G1?


1着:コイウタ
2着:アサヒライジング
3着:デアリングハート

2007年:34.8-23.4-34.3=1.32.5

12.3-10.8-11.7-11.8-11.6-11.2-11.2-11.9


2006年:35.4-24.3-34.3=1.34.0(ダンスインザムード)

12.6-11.2-11.6-12.1-12.2-11.4-11.3-11.6



逃げたアサヒライジングが粘り6番手を追走したコイウタが33.4で抜けるという完全前残りの展開
昨年ほどではないですが400m?1000mの間で完全にペースが落ち着いてしまってますね
6番手にいたコイウタ、デアリングハートが33.4秒であがるなら後続は差せるわけがありませんw
人気で敗れたカワカミプリンセス、スイープトウショウも33秒代の脚を使ってますし展開一つで今回の着順は入れ替わるでしょう
ジョリーダンスが32秒台を使ったのは驚きましたがww
安田記念に今回の凡走馬が出てきたら穴狙いで面白いかもしれません
まずペースは厳しくなるでしょうし、そうしたら今回使った脚が活きるでしょう♪
カワカミプリンセスとスイープトウショウの評価を落とす必要はないと思います


前残りを予想してデアリングハートとアサヒライジングから3連複で流す冒険に出てみたがそれでも当たらないのか・・・(汗)




?京王杯SC G2?


1着:エイシンドーバー
2着:シンボリエスケープ
3着:オレハマッテルゼ

2007年:34.1-11.2-34.7=1.20.0

12.3-10.9-10.9-11.2-10.6-11.6-12.5


2006年:35.2-12.0-34.6=1.21.8(オレハマッテルゼ)

12.5-11.1-11.6-12.0-11.2-11.4-12.0


2005年:34.1-11.4-34.8=1.20.3(アサクサデンエン)

12.4-10.7-11.0-11.4-11.1-11.4-12.3


2004年:33.8-11.7-34.9=1.20.4(ウインラディウス)

12.0-10.4-11.4-11.7-11.5-11.4-12.0


2003年:34.9-11.7-34.4=1.21.0(テレグノシス)

12.3-11.2-11.4-11.7-11.2-11.5-11.7



マイネルスケルツィが単騎逃げに見えましたが10秒ラップを3回刻むハイペース
中盤緩むどころかさらに早くなってますw
この展開ではさすがに前が厳しい
評価するのは差し、追込馬より逃げ・先行馬でしょう
今回この展開で2番手から3着に粘ったオレハマッテルゼ
ハイラップを刻みながら逃げたマイネルスケルツィは次走で注意が必要でしょう
1着のエイシンドーバーは条件が全て揃っていたのもありますが今までにない強い勝ち方
展開に恵まれたのもありますが注意は必要そうです
シンボリエスケープは高速時計の1400mと展開の助けという全て恵まれた好走
安田記念に参戦してくるなら危険でしょう

プリサイスマシーンは左回りの東京コースは苦手にしているように思われます
安田記念では狙いづらいですがまた好走するタイミングは来るでしょう
スワンSみたいに高齢を理由に人気落ちてくれたらいいんですがw


次走注目馬:オレハマッテルゼ、マイネルスケルツィ
次走危険馬:シンボリエスケープ






  1. 2007/05/14(月) 21:46:31|
  2. 競馬/レース回顧
  3.  | コメント:0

京都3回7.8日 東京3回7.8日 新潟1回5.6日馬券結果

?土曜日?


新潟9R(500万下):単勝2(グッドフロマージュ)6.4倍


投資:2300円
払戻:640円
収支:1660?




?日曜日?


京都9R(白川特別):3連複3?7?10(テンシノゴールド?ダンスアジョイ?フェラーリピファイブ)36.4倍



投資:2700円
払戻:3640円
収支:+940




長距離レースで久しぶりに3連複が当たりなんとか日曜日は+に終わりましたが土曜日の負債は取り戻せずw
駿風Sで思いっきり縦目をくらったのが痛かった・・・(単万のニホンピロブリュレまで買ってるのに・・・)
来週がんばろ♪(こりてないw)


  1. 2007/05/14(月) 21:45:40|
  2. 競馬/馬券結果
  3.  | コメント:0

ヴィクトリアマイル予想♪

去年はラインクラフトがフケだったことを知らずに軸にするわ、穴狙いで狙ったコスモマーベラスが最後の最後にディアデラ
ノビアにかわされるわで散々だったレース
現在の所カワカミプリンセスとスイープトウショウが2強状態で売れてますが昨年はサンデーサイレンス産駒の1・2・3決着
牝馬のG1だけに安田記念のような淀みのないペースにならないのかもしれません
ということは切れ味を武器にしたヘイロー系を狙ってみるのが良いかと♪
カワカミプリンセスは折り合いが難しく武幸四郎騎手がテン乗りの上にマイルの切れ味勝負はまだ未知数
ここであっさり勝つならピーク時のスイープトウショウの用に牡馬相手にG1でも楽しめるでしょうが今回は軽視してみますw



◎ディアデラノビア

京都牝馬Sでの上がり33.9秒での0.7秒差圧勝は切れ味勝負での強さを再確認しました
阪神牝馬Sでは先行した上に切れ味が削がれる阪神の馬場
パワー型のジョリーダンスに抜かれたのはしかたないでしょう
今回、条件が好転して軸としては最適
昨年の3着馬でもありますし岩田騎手なら乗り間違えることはないでしょう♪



○デアリングハート

人気馬がほとんど後方からのメンバー構成
このメンバーだと先行力を生かすことができるでしょう♪
同コースでは昨年の1番人気ラインクラフトの2着経験(NHKマイルC)もあり今回の鞍上は積極的な騎乗をする藤田騎手
スローで流れれば33秒台の脚も出せるだけにここは狙ってみたい♪
アサヒライジングが早い流れでひっぱった時が怖いですがw



▲カワカミプリンセス

能力は最上位なだけにこれ以上は評価を下げるわけにいきませんw
末脚が持続型なので武幸四郎騎手が早めスパートをかければいいのですが・・・



△アドマイヤキッス

マイラーズCでは中段より伸びるが前を捉えきれずに4着
しかし愛知杯では緩まない流れを56Kgで押し切った
好走血統サンデーサイレンス産駒でもあり牝馬限定戦なら消すわけにいきません



×アサヒライジング

昨年のハイペースレースを粘っている能力から考えて復帰後の成績は物足りませんが・・・
前走はサウスティーダに絡まれたのもあるでしょうし今回は逃げ馬が他に見かけません
叩き3走目の今回、人気的にも展開的にも面白そう♪


×キストゥヘヴン

桜花賞勝ち後は馬券に絡めずに人気が落ちてきているが決して大敗しているわけではない
今年初戦の東京新聞杯は後のG1馬スズカフェニックスと0.6秒差
前走の中山牝馬Sでは不利を受けながら15番手から5着まで追い込んできた
今回横山典騎手騎乗で人気薄のG1の一発がありえる
中山コースの方が向いてそうだけどw



消スイープトウショウ

安田記念2着の舞台だけに少し勇気がいりますがww
近走は連続好走ができなくなってきている上に東京コースでは人気を裏切る傾向がある
今回、スローペースの可能性が高くかなり抜けた末脚を発揮しないかぎりは難しそう
ここで消して淀みのない流れになる安田記念で狙いか?




フサイチパンドラまで手が回せなかったのが少し怖いww


  1. 2007/05/13(日) 21:47:08|
  2. 競馬/レース予想
  3.  | コメント:0

京王杯SC予想♪

※データーは過去5年


?好走血統?

サンデーサイレンス系(2?2?1?18/23)

サンデーサイレンス系というかサンデーサイレンスのみが好走w
フジキセキは0?0?0?4(ダイタクリーヴァが2番人気でとんでますねw)
ダンスインザダークとマーベラスサンデーも出走して凡走してますが超人気薄なので度外視w


グレイソヴリン系(2?1?2?6/11)

好走はほとんどテレグノシスwww
しかしよく見れば11番人気で逃げ切ったゴッドオブチャンスを筆頭に人気より上位には来ている


サドラーズウェルズ系(1?0?0?1/2)

05年勝ち馬アサクサデンエンとローエングリンのみ
サンプルが少ないので信頼するのは危険だが意外とスタミナが必要なこのレースには向いている可能性あり


ミスタープロスペクター系(0?1?1?10/12)

好走したのはインセンティブガイとタイキトレジャー
共通するのは前走1600mで先行して失速していること
ミスプロ系らしい先行力が距離短縮で生きるということかな?w
これ以外のミスプロは消してみよう♪



ダンチヒ系(0?0?0?6/6)

シンボリグラン、マグナーテン、ミッドタウンが一番人気でとんでます
人気薄馬もすべて2桁着順で適正が向いてないとみて間違いなさそうです


ヘイルトゥリーズン系(0?0?0?6/6)

2番人気で10着に敗れたボールドブライアンがいるがその他は人気薄での凡走ばかり
過度に危険視する必要はなさそうです




今年の出走馬を見るとサンデーサイレンス産駒はオレハマッテルゼ
グレイソヴリン系はツルガオカハヤテ、アポロノサトリ、ネイティヴハート
ミスプロ系で好走条件に入るのがエイシンドーバー、インセンティブガイ






?前走コース?


芝1600m(4?5?3?28/40)

好走するのは必須項目となってますねw
今年もこの条件から選ぶとしましょう♪


※該当馬:グランリーオ、マイネルスケルツィ、ブラックバースピン、エイシンドーバー、インセンティブガイ、ピカレスクコート



芝1200m(1?0?1?22/24)

昨年こそオレハマッテルゼが高松宮記念からの参戦で勝ちましたがそれ以外の2頭は急成長中のビリーヴのみ
後にビリーヴも高松宮記念を制してるところをみるとG1スプリントを勝ちきる力がないと厳しいようですね
今年もこの路線は基本的に消しでw


※該当馬:マイネルアルビオン、リキアイタイカン、プリサイスマシーン、オレハマッテルゼ、ネイティブハート、セトノゼティタブ、タガノバスティーユ



芝1400m(0?0?0?7/7)

全て谷川岳Sですw
人気薄馬ばかりですが特に好走した馬はいません
フジサイレンスが05年に11番人気6着してますが後に東京新聞杯を制する馬
東京適正がある馬以外は無視で♪


※該当馬:フジサイレンス、ツルガオカハヤテ、アポロノサトリ、シンボリエスケープ

芝2000m(0?0?0?3)

参戦例は少ないがダンスインザムードが1番人気で、ローマンエンパイアが3番人気でとんでいる
軽視の方向で♪


※該当馬なし




ではこの傾向に基づいて予想を♪


◎マイネルスケルツィ

前々走の高松宮記念は好スタートを切りながら抑える謎の騎乗
あれは度外視と考えれば前走のペースが緩まない展開だったマイラーズCで2番手から粘ったことも評価できる♪
左回り不安説が根強いが極端に気にする必要性もないと私はみます
このメンバーなら先行して残せるでしょう♪
父、グラスワンダー自身もこのコースで勝ってますし♪←無理やり付け加えたw


○エイシンドーバー


好走条件が全て揃いました
前走は上がり3F33.8を出しながら着順を下げるという結果ながら能力は見せたと思われます
1400mでは阪急杯で重賞制覇してますし♪
気になるのは左回り成績が0?0?1?3と右回りと明らかに違うこと
これがなければ本命にしたかったのですが・・・w



▲フジサイレンス

はいwフジキセキだろうがなんだろうが狙いますw
前走の谷川岳Sでの好タイムレースで8番手から4着と調子の良さをアピール
東京コースの重賞馬でもあり末脚もあり♪。
好走しても人気しない馬でもありますしね♪

がんばれw大野君ww



△インセンティブガイ

相変わらず好走したり大凡走したりと馬券泣かせの馬ですが昨年、同じローテーションで2着好走
前走は中2Fが早い展開を先行して0.6秒差
これなら人気薄で狙って損はないかと♪


×オレハマッテルゼ、アポロノサトリ、ネイティヴハート、ピカレスクコート、プリサイスマシーン


オレハマッテルゼはチークピーシーズを着用してやる気が出てきたと言われてますが人気馬を不確定な情報を信用して買うわけにいきません。
アポロノサトリは東京1400m適正がかなりありますが穴人気しすぎですw
ピカレスクコートは前走は展開が恵まれたと見てますので能力は感じますが抑えで
ネイティヴハート、プリサイスマシーンは前走芝1200mなのが・・・。30倍を超えることがあればワイドの相手程度ですかね

フサイチリシャールは主戦の福永騎手がエイシンドーバーに乗ってることを考えて目標は先にありそうで消し




NHKマイルCみたいな人気割れしてますねえw
面白いことになりそう♪


  1. 2007/05/12(土) 21:47:49|
  2. 競馬/レース予想
  3.  | コメント:0

京都3回5・6日 東京3回5・6日 新潟1回3日・4日馬場検証

?京都?


芝2000m(古馬1000万下牝馬)

2.01.0(35.9?34.7)


芝外2200m(京都新聞杯/3歳G2)

2.13.5(35.3?35.3)



芝外2400m(烏丸S/古馬1600万下)

2.24.6(35?35.1)



日曜日は雨が降り続いた上に重馬場でかなりタイムがかかるようになってましたので参考外
タイム比較は土曜日のレースでするしかなさそうですw
前週を見る限りかなりの高速馬場となってましたが今週も引き続き高速馬場になっているようです
1000万牝馬2000mで2.01.0の高速決着の上、勝ち馬が34.7で2番手から上がっての押切り
2200mの京都新聞杯では今年の一番時計の2.13.5(昨年でもこのタイムを上回ったのがエリザベス女王杯と宝塚記念と京都記念のみ)
2400mの烏丸Sでも今年の一番時計が出た上に勝ち馬のマキハタサイボーグは34.4で差しきりました
時計面がはっきりと出る短距離での検証レースがないのが残念ですが中・長距離戦の結果を見る限りは上がりも早く馬場レベルの低下は感じられません
日曜日の雨がどう影響がでるかですねw

京都新聞杯と烏丸Sで人気薄のダンスインザダークが馬券に絡みました
次週警戒する必要がありそうです



?東京?

芝1600m(六社特別/古馬1000万下)

1.33.0(34.2?35.7)

芝1600m(晩春S/古馬1600万下)

1.33.6(35.0?34.2)

芝2000m(ブリンシバルS/3歳OP)

1.59.6(36.1?34.6)


こちらも日曜日は雨の影響で時計がかかり参考外
NHKマイルCがああいう結果になるほどですからねww
土曜日のレースだけで検証したいと思います

六社特別のタイムが昨年の安田記念と0.4秒差の好タイム
晩春Sはスローペースの影響もありましたが勝ち馬のピサノパテックの上がりが33.2
ブリンシバルSでも過去5年で一度も超えなかった2分の壁を切った1.59.6の好タイム(ゴールデンダリアの能力の高さもあるでしょうがw)
3週目になっても馬場が悪化しませんねえw
勝ち馬も相変わらずヘイロー系が多いですし京都同様、日曜日の雨がどうでるかですね
あまり変わってなさそうですがw




?新潟?


芝直1000m(飛竜特別/古馬500万下)

0.55.4(32.7?33.2)


芝1800m(古馬500万下)

1.47.7(35.2?34.7)



芝2000m(新潟大賞典/古馬G3)

1.57.7(35.3?34.4)


新潟大賞典のタイムが抜けてますねww
高速決着だった2003年(勝ち馬ダンツフレーム)の時より0.6秒速いタイム
勝ち馬のブライトトゥモローも33.7の脚で差しきってます
昨年の夏の開催の新潟記念で1.57.2のタイムが出てましたが今の時期これだけのタイムが出るということは相当馬場がいいんでしょうね・・・
今の馬場で好走した馬は夏の開催の時にもう一度好走しそうなので覚えておいて損はないかと♪



  1. 2007/05/08(火) 21:48:26|
  2. 競馬/馬場診断
  3.  | コメント:0

京都3回5.6日 東京3回5.6日 新潟1回3・4日馬券結果

?土曜日?



投資:0円
払戻:0円
収支:0




?日曜日?



京都6R(500万下/ダ1400m)ワイド7?8(ミスターモナルコス?クリノラブゴールド)13.0倍


投資:3000円
払戻:1300円
収支:1700?





NHKマイルC、ローレルゲレイロ本命でムラマサノヨートーを狙いながら何も当たらないというかなり馬券下手なことをしてしまいましたww
普通にワイド万馬券になってるし・・・
強気にマイネルシーガルを絡めた3連複2頭軸流しをしたのが間違いでしたww
ピンクカメオなんてわからないよ・・・(汗)


  1. 2007/05/06(日) 21:49:42|
  2. 競馬/馬券結果
  3.  | コメント:0

重賞回顧 ?NHKマイルC、京都新聞杯、新潟大賞典?

?NHKマイルC G1?


1着:ピンクカメオ
2着:ローレルゲレイロ
3着:ムラマサノヨートー

2007年:34.2-24.3-35.8=1.34.3

12.1-10.5-11.6-12.0-12.3-11.5-11.7-12.6


2006年:34.2-23.3-35.7=1.33.2(ロジック)

12.1-10.8-11.3-11.5-11.8-11.7-11.5-12.5


2005年:35.5-23.9-34.2=1.33.6(ラインクラフト)

12.5-11.0-12.0-11.9-12.0-11.3-11.3-11.6


2004年:33.9-23.9-34.7=1.32.5(キングカメハメハ)

12.1-10.7-11.1-11.7-12.2-11.6-11.7-11.4


2003年:34.1-23.7-36.4=1.34.2(ウインクリューガー)

12.0-10.9-11.2-11.7-12.0-11.6-12.1-12.7


稍重発表になってますがあれだけ雨が降り続いてると重以上の馬場だったと思われます
その馬場をマイネルレーニアとオースミダイドウが逃げて作ったテン3F34.2はさすがに早いw
さらに中盤で一気に緩んだ分、追込馬にとっては申し分ない展開になりました
勝ったピンクカメオ、3着のムラマサノヨートーは展開がはまりましたね
逆にこの流れを前で粘ったローレルゲレイロはこのメンバーの中でははっきりと格上と思います(運がないですが・・・)
今回、中団にいた馬が次走で狙い
4着シベリアンバード、5着トーホウレーサー、7着ハイソサエティー、8着マイネルシーガル、11着アサクサキングスが該当
ダート馬向きの馬場だったのでシベリアンバードとトーホウレーサーの過信は禁物でしょうが能力は高いようです
ハイソサエティー、マイネルシーガルはマイル戦で、アサクサキングスは上がりが速い馬場の中距離路線で狙いたいですね♪


次走注目馬:シベリアンバード、トーホウレーサー、ハイソサエティ、マイネルシーガル、アサクサキングス

?京都新聞杯 G2?


1着:タスカータソルテ
2着:ローズプレステージ
3着:サンライズベガ

2007年:35.3-25.2-12.9-24.8-35.3=2.13.5

12.4-10.4-12.5-12.7-12.5-12.9-12.7-12.1-11.3-11.8-12.2


2006年:37.2-25.6-13.2-25.3-33.5=2.14.8(トーホウアラン)

13.0-11.4-12.8-12.7-12.9-13.2-13.2-12.1-11.3-11.1-11.1


2005年:35.8-24.4-12.5-24.0-36.3=2.13.0(インティライミ)

12.6-10.7-12.5-12.2-12.2-12.5-12.0-12.0-11.9-11.8-12.6


2004年:35.5-24.2-12.8-24.9-34.5=2.11.9(ハーツクライ)

12.6-10.7-12.2-11.8-12.4-12.8-12.9-12.0-11.6-11.2-11.7


2003年:35.7-25.4-13.5-25.9-34.9=2.15.4(マーブルチーフ)

12.5-10.9-12.3-12.5-12.9-13.5-13.4-12.5-11.6-11.4-11.9


アグネスマキシマムが刻んだテン3Fが過去5年で最速の35.3
しかしそこからペースが緩んだためにNHKマイルCと同じように中団の馬には流れが向いていなかったように思われます
人気薄で2着に食い込んだロードプレステージは通った位置と展開に恵まれた完璧な騎乗による好走
次は狙いたくないですね(平坦コースの上がり勝負に強いのはわかりましたがw)
逆にそのロードプレステージを中団から差しきったタスカータソルテはかなりの能力を記したかと♪
イマイチつかみにくい馬ですがレコード勝ち経験もあり福寿草特別でも一気に前に取り付いて上がり最速で圧勝した能力はかなり高いようです
そして3着のサンライズベガも7番手からの差し。5番手にいたのを7番手まで一度下がっているのが痛いですが能力は記しました
次は狙い目でしょう♪
4着のクレスコワールドも9番手からの差し。気性の成長&展開に恵まれたらさらに上が目指せる素質を感じます
1番人気フェザーケイプはペースが揺るんだ時に3番手まで上がって行きましたが馬券に絡めず
こちらは次も危険でしょうね♪






次走注目馬:タスカータソルテ、サンライズベガ、クレスコワールド
次走危険馬:ロードプレステージ(平坦コースの上がり勝負なら狙い)、フェザーケイプ



?新潟大賞典 G3?

1着:ブライトトゥモロー
2着:サイレントプライト
3着:ヴィータローザ



2007年:35.3-23.9-24.1-34.4=1.57.7

12.5-11.3-11.5-11.6-12.3-12.2-11.9-11.3-10.9-12.2


2006年:36.1-24.0-24.0-35.0=1.59.1(オースミグラスワン)

12.9-11.3-11.9-11.5-12.5-12.3-11.7-11.6-11.2-12.2


2005年:35.2-24.2-24.5-35.0=1.58.9(エアセレソン)

12.7-11.0-11.5-11.7-12.5-12.3-12.2-11.9-11.0-12.1


2004年:36.3-24.6-25.1-34.5=2.00.5(マイネルアムンゼン)

12.8-11.5-12.0-12.0-12.6-12.8-12.3-11.6-10.6-12.3


2003年:34.7-23.8-25.0-34.8=1.58.3(ダンツフレーム)

12.7-10.9-11.1-11.5-12.3-12.6-12.4-11.6-11.1-12.1




中番で12秒台前半が2回でてますが前半で11秒台のラップが続いているように決して緩い流れではありませんでした
さらに後3Fで34.4と上がりもかなり早く1.57.7の高速決着
先週の33秒台がほとんど見かけなかった馬場と違い今週は32秒台まで出る馬場
分析しにくいレースですが33.7秒の上がりで差しきったブライトトゥモローは高速上がりの馬場では今後も注意が必要
サイレントプライトもスピード勝負に対応する力を見せましたしヴィータローザはお約束の3着(笑)でこのコースの高速決着での力を見せました
展開面では追込馬には少しつらい展開でしたがダンスインザモアとマイネルレコルトは追込みで掲示板に載りました
人気が落ちるようなら狙いたいですね♪


イマイチわかりにくい結果なので注目馬にはあげないでおきますがww


  1. 2007/05/06(日) 21:48:54|
  2. 競馬/レース回顧
  3.  | コメント:0

京都3回3・4日 東京3回3・4日 新潟1回1日・2日馬場検証

?京都?

芝1200m(あやめ賞/3歳500万下)

今年:1.08.3(34.0?34.3)
去年:1.09.0(34.0?35.0)

芝1200m(鷹ケ峰特別/古馬1000万下)

今年:1.08.3(33.4?34.9)
去年:1.07.8(33.5?34.3)


芝1600m(朱雀S/古馬1600万下)

今年:1.32.3(33.8?35.4)



芝2000m(鴨川特別/古馬1000万下)

今年:1.59.6(36.6?34.1)
去年:2.01.4(37.6?33.8)


芝3200m(天皇賞・春/古馬G1)

今年:3.14.1(36.9?34.8)
去年:3.13.4(36.2?33.5)


先週に続きかなりの高速馬場が続いているようです
ハイペースの影響もありましたが朱雀Sでは昨年のマイルCSより0.4秒早いタイム
芝2000Mでは2分を切るタイムがでましたし何より天皇賞・春で過去5年でもっともハイペースの展開なのに34秒台で上がる馬が5頭いたこと
タイムもかなり優秀ですしね♪
馬券に絡んだ血統もほとんど高速馬場での上がり勝負に秀でたヘイロー系
しばらくは高速馬場に向いた血統に逆らうのは危険ですねw

?東京?

芝1400m(高尾特別/古馬1000万下)

今年:1.21.3(34.2?35.7)
去年:1.21.3(35.4?34.0)


芝2000m(府中S/古馬1600万下)

今年:1.59.3(34.9?35.3)
去年:1.59.1(35.1?36.1)


芝2400m(青葉賞/3歳G2)

今年:2.26.3(34.9?35.5)
去年:2.25.3(35.7?35.3)


芝1400mの高尾特別では1.21秒前半
芝2000mの府中Sでは1.59.3とこの時期の標準的な高速タイムがでています
青葉賞は雨の影響がありあまり参考になりませんが勝ち馬が34.4の脚を使ってます(荒れた馬場ならこんなタイムでませんからw)
上がりを見てみると33秒代、34秒台前半の決着も目立ちますし先週より馬場が良くなってるような気がww
ペースの影響かもしれませんが馬場の悪化は感じられません
血統面では1着がほとんどヘイロー系
しばらくは逆らわないほうが良さそうですw




?新潟?

芝直1000m(新潟市政令指定都市移行記念/古馬1000万下)

今年:0.55.4(32.7?33.2)
去年:0.55.1(33.2?32.8 鏑矢特別)



芝1400m(谷川岳S/古馬OP)

今年:1.20.1(33.4?35.3)
去年:1.21.1(33.8?35.8)


芝2200m(胎内川特別/古馬500万下)

今年:2.14.4(35.8?35.1)
去年:2.15.9(34.9?36.0)



1000mでのタイム55.4秒が少し遅く感じましたが昨年の春の新潟と比べたら特に遅いわけでもないようですねw
谷川岳Sでは昨年の一番時計より0.7秒早い1.20.1
胎内川特別も昨年より早い時計と夏ほどではないですが高速馬場になっているようですね
しかし上がり33秒代続出の馬場ではなく34秒?35秒前半の決着が多い狙いにくい馬場
夏の新潟の実績馬はあまり信頼しないほうがよいかもww
血統では土曜日にはほとんど絡まなかったヘイロー系が(雨の影響が残ってた?)日曜日には一気に馬券圏内にきましたw
雨が降らなかったら次週も狙うべきかと♪

それにしても前半33.4のハイペースを前で粘って1.20.1のタイムで勝ったキンシャサノキセキは平坦の高速馬場だと鬼ですねwww


  1. 2007/05/01(火) 21:50:34|
  2. 競馬/馬場診断
  3.  | コメント:0
  

カウンター

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

馬好き

Author:馬好き
単穴馬券&ラップタイム研究家wの競馬ブログです

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブログ管理MENU(新)

AQUA

アクセス解析

金魚♪

??
HeroRisa

?????????A?j????
GIF?A?j??


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。